ゆり

yuri

春の野原を君が一人で歩いているとね、
向うからビロードみたいな毛なみの目のくりっとした
可愛い子熊がやってくるんだ。
そして君にこう言うんだよ。
『今日は、お嬢さん、僕と一緒に転がりっこしませんか』
って言うんだ。
そして君と子熊で抱きあってクローバーの茂った丘の斜面を
ころころと転がって一日中遊ぶんだ

Pin It