手首。。。かな??

皆さん、こんにちは秋澤です。

 

今回は「長いセッティング」について考察してみます。

Exif_JPEG_PICTURE

長いセッティングの特徴と言えば

一番にダーツの飛行姿勢の安定が挙げられます。

これは、やじろべえの手が長い方が釣り合いが良い事と似ています。

 

しかし、セッティングを長く変えただけで安定するのか?

疑問に思い長いシャフトを試しました。

 

すると改めて長いシャフトの特徴が見えて来ました。

長いシャフトは違った投げ方をすると

ダーツが暴れて飛んでいく事があります。

Exif_JPEG_PICTURE

これは「手首の使い方」が大きく関係していると思いました。

IMG_5545

一般的なフォームでテイクバック中は

手首を倒した状態です。

IMG_5543

そこからダーツを飛ばしますが

この時の手首を返すタイミングが重要です。

IMG_1289

短いセッティングの場合

手首の返しは、そこまで意識せずとも

ダーツは飛んで行きます。

 

Exif_JPEG_PICTURE

しかし、長いセッティングの場合は違います。

このセッティングは抵抗が増える為

手首の力みを無くし自然なフォームで投げないと

ダーツが失速してしまったり、

前述した様にダーツが暴れて飛んで行ったりします。

 

つまり長いシャフトはフォーム矯正が見込めます

※フォームには個人差があります。

 

手首の力みを除くと

リリース時、ダーツに力が乗り

綺麗にダーツが飛んで行きます。

そして、体がブレなくなり無駄のないフォームが身に付くと思います。

イメージとして手首の返しをコマ撮りしました。

IMG_5578

テイクバック時

IMG_5579

スローイングの初動

 

IMG_5580

スローイングの力がダーツに伝わっているタイミングです。

IMG_5581

ココは感覚になりますがダーツを放し始めます。

少し手首が動き始めましたが

まだ、返っていません。

IMG_5582

リリースの瞬間です。

指でダーツを弾かず

送り出す感覚です。

IMG_5583

ダーツは軌道に乗ったので

腕はフォロースルーをするだけです。

IMG_5584

最後に手首が返ります。

 

以上の様に手首を残して投げられると

無駄な力が抜けたフォームに成ると思いました。

 

気になった方は是非、試行錯誤しながら

挑戦して見て下さい。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

いきなり長いセッティングは抵抗がある方は

チョイ長いシャフトを使うと無理なく

フォームを作れると思います。

 

それでは、本日も皆様のご来店お待ちしております。

 

 

Pin It

Comments are closed.