『考察』バレル重心における投げ感について

皆さんこんにちは、秋澤です。

 

昨日は曇りでしたが、

今日は暑いですね。

 

現在「うねり」絶賛エントリー受付中です!!

チームを作って奮ってエントリー下さい!

 

 

さて今回は、秋澤のダーツ考察記事です。

取り上げる議題は

ダーツの重心における投げ感について」です。

Exif_JPEG_PICTURE

※矢角は45度で検証しました。(画像はイメージ)

 

一般的にバレルには「フロント重心」「センター重心」「リア重心」があります。

※今回は、曖昧さを省くため上記の3パターンに当てはめて紹介します。

 

Exif_JPEG_PICTURE

(イメージ画像)

フロント重心は、リリース時(直前)まで

バレルが指についてきて

リリースの最後まで指に残って放れていく印象でした。

イメージでは、腕を振ると勝手に指から放れていく感じです。

結果、直線的な鋭い軌道を描きやすい印象でした。

 

 

リア重心はテイクバック時にバレルの重さを感じやすい印象でした。

そして、バレルを抜くように投げ易く

(テーブルクロス引きの様に

バレルを残して腕だけ振るイメージです)

結果、柔らかく投げられる印象バレルの矢速)でした。

軌道については

びっくりするほどの違いは分かりませんでした。(^^;)

 

 

逆にフロント重心のバレルで抜くように投げると

リリースのタイミングがつかみ辛く

自分の放したい所と違う所で放れて行き違和感がありました

狙った所の下に刺さる事が多かったです。

 

 

センター重心は、万能で

どちらの方法で投げてもしっかり投げられました。

 

以上、考察記事でした。

長文失礼しました。

ダーツは感覚が優先されるので

感じ方はそれぞれです。

 

少しでも、皆様の参考になれば幸いです。

 

それでは、本日も皆様の御来店お待ちしております。

 

 

Pin It

Comments are closed.